アプリを使って賢く洋服を再利用してもらいましょう

不要になった洋服はアプリを使って賢く再利用してもらおう

不要になった洋服、どうしていますか?

「フリマ」は「フリーマーケット」の略。 元来は「蚤の市」転じて、不用品を広場などに集めて交換・売買する青空市を意味します。その青空市をインターネット上で行えるアプリがいわゆる「フリマアプリ」です。もともとの値段に関係なく自分で売値を設定します。

ブランド・古着、まずは査定してもらおう

ひとことで「不要な洋服」とは言ってもいろいろあります。その中で「ブランド物」や「古着」と呼ばれるものは高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。業者によっても取り扱いの品に違いがあるので、業者を比較し自分の持ち物に合った売り方を見つけましょう。

値段設定は自分次第!お店やさん気分でどうぞ

クローゼットを整理していたら、もう着る予定のない服がこんなに…。
趣味が変わって着なくなった、太った、または痩せて体型が変わってしまったから着られない、プレゼントしてもらったけれど趣味に合わない、そんな「まだ着られる」けれど自分にとっては不要な洋服についてどうするか、働く女性にアンケートをしてみたところ、約7割の方々が「そのままゴミとして捨てる」「雑巾や掃除用具として使う」と答えたそうです。「まだ着られる」のですから、洋服にとってはもったいない最後にも思えます。「捨てる神あれば拾う神あり」とはよく言ったもの。そこではない場所でまだ大切に着てもらえるのかもしれません。

思い切って売ってみようかな。さてどうやればいいんだろう…。

「ご不要になった洋服をお売りください」という内容のCMをよく見かけ、洋服が気軽に売れる時代になったことを感じるものの、いざ売るとなると「めんどくさそう」「大変そう」その手間を想像して億劫になってしまいませんか?
「捨てる」よりは手間はいくつか増えますが、お手持ちのスマホなどのアプリをうまく使えば、思っていたより手軽に売れるかもしれません。
また、ブランド品の洋服や古着など、買い取ってもらう業者によっても得意分野が違います。

このサイトでは、不要な洋服をアプリを使って再利用してもらうまでを、「フリーマーケット(フリマアプリ)」、「買取サイト(リサイクルショップ)」の二つの方法を比較し、お手持ちの洋服に合った売り方でご紹介します。

アプリを気軽に使ってクローゼットの中身も気分もすっきりさせてみませんか?

上手に売るコツ

ここまでの「フリマアプリ」、「買取サイト」ではそれぞれスマホのアプリを使った取引をご紹介してきましたが、アプリの使い方を覚えてただ売るだけではなく、お手持ちの洋服の見せ方を工夫したり、文章などをわかりやすく構成することで買い手がつきやすくなったり、高値で売れたりすることがあります。